医薬品情報提供システム・ホームへ移動医薬品等の回収に関する情報
<<ホーム

2003年度
クラスI-III
クラスIクラスIIクラスIII
2002年度
クラスI-III
クラスIクラスIIクラスIII
2001年度
クラスI-III
クラスIクラスIIクラスIII
2000年度
クラスI-III
クラスIクラスIIクラスIII


医療用具の概要文は、(財)医療機器センター 「医療用具の回収に関する情報」をご参照ください。
医薬品等の回収に関する情報について

(注意)

  1. このページは医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構で管理しています。ここで提供している情報は、医薬品等の回収を行う製造業者等が作成したものです。
  2. 左記の医薬品等回収情報一覧表の各販売名をクリックすると、回収の概要が表示されます。ただし、医療用具の回収概要については(財)医療機器センターが管理するホームページでの情報提供となりますので、「医療用具の回収に関する情報」からご利用ください。
  3. 製造業者等から回収が終了した旨の報告があった時には、備考欄に「回収終了」と掲載します。
  4. 詳細については、回収を行っている各製造業者等にお問い合わせください。連絡先等についてはそれぞれの回収の概要に記載されています。
  5. 自ら所属する医療機関、薬局等において使用することを目的とする場合を除き、本情報の内容を情報提供者に無断で複製、転載、頒布する等の行為を禁じます。

(参考)クラス分類について

クラス分類とは、回収される製品によりもたらされる健康への危険性の程度により、以下のとおり個別回収ごとに、I、II又はIIIの数字が割り当てられるものです。
クラスIクラスIとは、その製品の使用等が、重篤な健康被害又は死亡の原因となり得る状況をいう。
クラスIIクラスIIとは、その製品の使用等が、一時的な若しくは医学的に治癒可能な健康被害の原因となる可能性があるか又は重篤な健康被害のおそれはまず考えられない状況をいう。
クラスIIIクラスIIIとは、その製品の使用等が、健康被害の原因となるとはまず考えられない状況をいう。
牛海綿状脳症(BSE)関係(平成13年10月2日付け医薬発第1069号医薬局長通知に基づく予防的な措置としての回収)については、対象となる全ての品目の回収等が平成14年3月末をもって完了しておりますので、当ページからは削除致しました。
なお、本ホームページの厚生労働省発表資料及び厚生労働省ホームページの緊急情報「牛海綿状脳症(BSE)関係 ホームページ(Q&Aなど)」の<ウシ等由来物を原料として製造される医薬品、医療用具等>には回収等の状況が掲載されていますので、今後はそちらをご参照願います。